ゼロから3ヶ月で100万突破する、無料オンラインプログラムはじめました。

広告を作る上で98%の人が勘違いしていること。

こんにちは。
いろはデザインの橋本です。

今日は広告で98パーセントの人が勘違いしていることについてお話します。
あなたもおそらく勘違いしているのではないかと思います。

私も勘違いしていました。

広告における勘違い

広告って、一生懸命作って、キャチコピーも整えて、ビジュアルも用意して、内容も特典も盛り込んで、配布時期も——配布といえばチラシなので他の媒体、インターネットの広告もそうですが——決めて、「よし」と、投稿したり配布したりするのですけど、みなさんは広告に触れたときどんな反応をされますか。

まず見ないですよね。

広告を見ようと思って普段生きていませんよね?

自分の仕事やお客様のことで忙しいので、広告を見る時間も無ければ見たいとそもそも見たいと思っていません。

私は調査のために見るという時間を用意していますけれども、基本、他の方たちは広告を見ることを前提で生活をしていませんので見ません。

ですので、

見てもらえない前提で作るという事が非常に大事。

「いい商品だから」
「いいキャッチコピーだから」
「いいビジュアルだから」

見てもらえるだろう、と勘違いしてしまうんですね。

見てもらえない前提で作るからこそ、「ビジュアルこれでいいのかな」「キャチコピーこれでいいのかな」と相手のことを考える訳です。

見る方もいろいろなところから見ますし、上から順番に見ることなんてまずないです。

キャッチコピーを見て、そこで気になって、本文を見て、そこで気になって、商品、「わっ、値段こんなに安い」って流れになっていくことが理想なのですけど、そうなることってまずないです。

そうなるように作るんですけど、そうならないと思ってつくるということが大事です。
絶対にありえないと思って作る事が大事です。

その前提を持つということで、広告作りや色んな物の見せ方というものが変わってきます。

何か作ったら見てもらえる、新しい商品を出したら売れるみたいな勘違いと非常に似ていると思います。

すごく本質的な部分ですので、見てもらえないって前提で作る、ということが非常に大事です。
広告で98パーセントの人が勘違いしていることというのは、見てもらえると思っていることです。

見てもらえない前提で作りましょう。

と言っても、

「前提は分かったけど、具体的にどうしたらいいんですか?」

そう思ってしまいますよね?

それはまた次回にお伝えします。
急いで聞きたい方はメール頂ければお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です