ゼロから3ヶ月で100万突破する、無料オンラインプログラムはじめました。

差別化なんて必要ない!

こんにちは。
橋本慎吾です。

お客様に選ばれるために、ライバルとの差別化は必須です。

でも、私は、
差別化はいらないと考えています。

差別化は必須だと思っている。
けど、いらない。

意味不明ですよね。

では、ちょっと質問です。

AさんBさんのふたりの男性が意中の女性にプレゼントをしました。

それぞれこんな話をしながら、プレゼントしてくれました。

Aさん
「僕しか手に入れられない、Bさんには買えない特注のピアスです。」

Bさん
「この前聞いた時に、最近気になってるって言ってたブランドのピアスです」

あなたが女性だとした場合、AさんBさん、どちらからのプレゼントが嬉しいですか?

絶対にこっちというのはありませんが、多くの方がBさんを選ぶでしょう。

なぜ、差別化がいらないのかがわかりましたか?

・・・・

どうでしょう?

では、
差別化という視点で会社に置き換えて考えてみましょう。

A社
B社というライバルを意識して商品サービスを提供した。

B社
クライアントにヒアリングして、望んでいる商品サービスを提供した。

ライバルを意識してサービス提供している会社

クライアントのことを考えてサービス提供している会社

そうなんです!

この時点で差別化が出来ているんですね。

お客様のことを徹底的に考えることが差別化に繋がっているです。

差別化は必要ですが、ライバルを意識した差別化はお客様にとっては何のメリットもありません。

マーケティングや勉強熱心な人ほど、ライバルチェックをしていて陥りやすいので注意してください。

************
今日の一言
************
お客様が望んでいるものってなんだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です